ルナリヤ 冒険の日記

ルナリヤが送るフリーダムな冒険日記です♪ (AnGeL 狩猟の日記の続編です♪)

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

☆ルナノ思い出№8☆ 新しい弓を持って!

どうも、ラヴィーナことエンジェルですヽ(=´▽`=)ノ 

こちらのブログ更新が不定期すぎて申し訳ないです;;
気分的にあまり書く気分ではなかったっていうのが大きな理由の1つだね(;ω;*)ウウゥ…
でもでも、今日は大丈夫ですよ

せみも鳴き始め、本格的な夏が押し寄せてきそうですね;
夏ばてには絶対に気をつけなくっちゃw あと、熱中症にもね(ついで扱い?!Σ(゚∀゚*)



それでは、今日もはりきっていってみよー♪

先週配信されて、今はもうすでにクリアした人も居るかもしれない採掘基地防衛戦:絶望なのですが、そこで手にはいる☆11の弓「ハードリカーブ」を手にすることが出来ましたよヽ(=´▽`=)ノ ワーイ♪
もちろんビジフォンドロップですけどねっ(買いましたw)
ハードリカーブ
弓使いが喉から欲しいといわれてるまさにそんな武器なのですよ

潜在は防衛戦武器特有の光戦形態という潜在ですね♪
この潜在能力はご存知の通り、最大まで開放するとPAを使用した際のPPの使用率が14%カットされる優れものです(*^ー゚)b
火力面ではバイオ系のほうが上ではありますけどねo(T□T)o"ヽ(・ω・; ) ヨシヨシ

実際に装備してみたSSは以下の通りです♪

防衛戦の武器の特徴の1つでもある、納刀時の紋章はこんな感じでしたw
ハードリカーブ1
ユニコーンのようなのが2頭背を向けていますねw
紋章の形はソードと同じ形でしたw 色もソードと同じ色だったね(●>ω<)ノ゙

続いては前から構えたときのSSですっw
ハードリカーブ2
お分かりになられたでしょうか?
実はこの武器、弓の幅がないため弦が長くなるのです
つまり、構えたSSをとるとなんと弦が体を貫通してるのがお分かりいただけると思います(´∀`;A
手の位置はあっているのにちょっと勿体無いなぁ

ちなみにバイオ系だとこんな感じですよw
バイオだとw
このように、標準サイズの弓は弦が体を貫通することなく、手の位置もずれることはないんです
私の使っている感覚なのですが、少なからずこの弓はバイオ系の弓よりは大きいですねっw

続いては正面からとったSSになります(≧∇≦)
ハードリカーブ3
見た目は全然悪くはないですw 白い胴に赤い模様が入りとってもお洒落な弓だなっと私は思いましたね♪
弦は赤いので、かっこいいと思う方も居るのではないでしょうか?
そこまで癖もなく、いいデザインです(*´ー`*)

納刀時はこんな感じですw
ハードリカーブ4
この通りとてもコンパクトに折りたたんじゃうような仕組みですね
バイオ系のようにケースに入ることはないので、こっちの方が良いという方もいらっしゃるんじゃないのですかね♪
納刀時は弦がなくなっており、矢を射くときのみ赤い弦が出現するという面白いからくりもあるんですΣ(・oノ)ノ

実際に飛んでいる矢を見るとお分かりになると思うのですけど…
実は矢を放つ際矢は赤い放物線を描きながら狙ったエネミーを射抜くのです
分かるかな?
SSにとってみたんですが全く分からないですね
これはきっと矢が赤いのかな? エネミーを射抜いたときに矢はエネミーに刺さったまま残るのですが、その矢も赤いですからねw これはちょっと不思議な一面でした

最後に、私はこの弓に愛着がつくようにニックネームをつけてあげたのです(*/ω\*)
そのニックネームは『たっつー』ですっ♪

なぜたっつーっというネーミングをつけたかというと…
ここw
こちらの赤く丸くつけた部分がなんとなくタツノオトシゴに見えたからなのです(●>ω<)ノ
ぱっと見たときに、なんとなくそう感じたのでたっつーというネーミングにしましたっw
このネーミングは私のブログでしか恐らくはやらないと思いますが、今日からたっつーと一緒に楽しいPSO2ライフを送りたいです(´vωv`*)♪

それではっ! 次回更新もお楽しみにw

マタネッ(*^-゚)/~

| ☆ルナの思い出☆ | 16:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。